株式会社カワムラ

沿革・歴史

1895年[明治28年] 川村昌幸 滋賀県犬上郡彦根町大字旗手50番屋敷に生まれる
1908年[明治41年] 川村昌幸 西区立売堀5丁目、吉春商店にて奉ずる
1920年[大正9年] 川村昌幸 大阪市西区新町南通5丁目で
月星フランドのバルブコック専門卸商
川村昌三商店を創業
創業者川村昌幸
1933年[昭和8年] 現在地に移転月星型録バルブコックNo.25を発行
1938年[昭和13年] 株式会社川村昌三商店と改組する
川村昌幸 大阪バルブ・コック卸商業組合の理事を拝命する
1945年[昭和20年] 空襲により、店舗、倉庫全焼 復興後の仮店舗
1947年[昭和22年] 川村聡一 現在地にて川村昌三商店の営業を再開
1950年[昭和25年] 株式会社川村バルブに改組 川村聡一が代表取締役に就任→株券
1951年[昭和26年] 協力工場中外バルブ製造がJIS表示許可工場となる
1959年[昭和34年] 川村聡一 大阪バルブ継手ポンプ商業協同組合の監事を拝命する
1961年[昭和36年] 鋳鉄弁専門の彦根工場を開設 当初の本社ビル
1962年[昭和37年] 川村聡一 大阪バルブ継手ポンプ商業協同組合の理事を拝命する
1964年[昭和39年] 川村バルブ本社ビル新築
1966年[昭和41年] 創業者川村昌幸 死去(10月)
1967年[昭和42年] 本社倉庫新築
1969年[昭和44年] 彦根工場を独立させ月星バルブ株式会社を設立(3月)
1970年[昭和45年] 津守倉庫、天王寺倉庫を新築 コンピュータ委託計算導入 月星バルブ総合カタログ'70を発行二代目 川村聡一
1972年[昭和47年] 川村聡一 大阪管工機材商業協同組合第7代理事長を拝命(2期4年)
1973年[昭和48年] 西税務署長より優良申告法人の表敬を受ける
1978年[昭和53年] 協力工場中外バルブを閉鎖
1983年[昭和58年] コンピュータNEC100を導入 販売、商品管理の確立
1984年[昭和59年] 川村耕一 アメリカ事情視察、管材新聞に『アメリカ・スタディ・ツアー』
執筆連載(翌年8月迄)
1985年[昭和60年] 川村耕一 代表取締役専務就任
川村聡一 大阪府知事より産業功労者表彰受章
1986年[昭和61年] 川村聡一 代表取締役会長就任
川村耕一 代表取締役社長就任三代目 川村耕一
1987年[昭和62年] コンピュータNEC3100を導入
月星バルブをツキボシコーポレーションと社名変更
1989年[平成元年] (株)カワムラに社名変更 
コーポレートロゴ、スローガンを定める
”カワムラはACTします 
For The Amenity Creative Technology”
1992年[平成4年] 川村聡一 通産大臣表彰
川村耕一 大阪管工機材商業協同組合の情報化推進委員を拝命
2000年[平成12年] 創業80年を記念してウェブサイトを開設、運用を開始 社内LANを構築
2002年[平成14年] 川村耕一 大阪管工機材商業協同組合の理事、情報化推進委員長を拝命
2004年[平成16年] NEC Express5800を導入
ウェブサイトにて見積、お困りごとサービスを開始
2005年[平成17年] 川村太一 専務取締役就任(6月) 川村聡一 相談役就任(8月)
(株)アスコットの新連携事業に参加する
2007年[平成19年] ウェブサイトを移設拡張 社内にセキュリティーシステムを設置
IP電話を開設
2008年[平成20年] 川村耕一 大阪管工機材商業協同組合の会計理事を拝命
川村太一 同組合の青年部・幹事を拝命
2010年[平成22年] 創業90年、株式改組60年を迎える
2014年[平成26年] 基幹システムを"ASPAC"にリプレースを決め、それに伴いツキボシコーポレーションを解散する
川村太一 大阪管工機材商業協同組合の青年部・会長を拝命
2015年[平成27年] システム"ASPAC"が稼働する(8月)
二代目川村聡一 死去(9月)
2019年[令和元年] 川村耕一 大阪府知事より産業功労者表彰受章